読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刀剣乱舞住み分け問題ゲバゲバ

被害者になってぶん殴りたかった人たちと、そこに巻きこまれた人たちの記録。2016年9月、ツイッターを中心に起きたとうらぶ住み分け問題関連垢内ゲバ騒動について

アオイ氏に誹謗中傷のtumblrを作成されました

アオイ氏が私の虚偽の内容を記載した誹謗中傷のtumblrを作成し、Twitterで拡散しました。


今日中に削除してもらえないようでしたら、夜には代理人に連絡させていただきます。


私は当ブログで、虚偽の記載は一切していませんし、見ていただければ分かるとおり、アオイ氏のいう個人情報も記載しておりません。
はてなに削除依頼をだされても、虚偽はありませんし、誹謗中傷もしていないため削除はお断りさせていただきます。


アオイ氏がtumblrをどこに提出するつもりで作成されたか分かりませんが、提出先が警察にしろ弁護士にしろ、ご自身のtumblrだけでなく、当ブログの記事も同時に提出してください。


そして、アオイ氏が作成し、Togetter運営から削除されたTogetterのページ、同じくアオイ氏が作成し、ナノ運営から削除された私のフォロワーさんに対する誹謗中傷サイトもあわせて提出していただくよう強くお願いいたします。


加えて先日まで公開されていた第三者の方が作ったらしき、アオイ氏の私のメール無断公開に抗議したフォロワーさんへのネットリンチのTogetterまとめ(ネットリンチで消えたはちべえさん - 刀剣乱舞住み分け問題関連垢ゲバゲバ)はこちら側の証拠資料としても提出させていただきます。


アオイ氏が現在、捜査中?の身の上であるならば、いっそうこのような問題を起こしてはいけなかったのは、あなたの方ではないでしょうか。
アオイ氏のtumblrにあるとおり、ネットリンチにより、フォロワーさんは垢削除まで追い込まれました。


過去ログの専スレについても、開示対象になった段階で結果が既にでています。それを元に作成されたアオイ氏のtumblrの記事は誹謗中傷の証拠に十分なり得るものです。


何やら勘違いされているようですが、私の開示請求訴訟は交渉段階に入っていますので、発信者への要求のすり合わせを代理人同士で行っています。故に訴訟自体が終了してるため、このようなブログを開設しています。


これらの事実を隠蔽したまま、どこぞの機関に提出するのであれば、私は徹底して争うつもりですし、仮に裁判沙汰になった場合は、最悪、アオイ氏が偽証罪に問われる可能性もあります。
ですから、これは私からの強い要求です。アオイ氏がTogetterやサイトを提出されないのであれば、こちらから提出するだけです。


私には後ろ暗いことは全くありませんから、ブログ記事についても、公開垢の発言についても、どこに出していただいても構いません。


こちらとしては、今日中に削除に応じていただけないのであれば、代理人に連絡し、アオイ氏が作成したまとめやサイトも同時に提出し、準備を進めさせていただきます。