読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刀剣乱舞住み分け問題ゲバゲバ

被害者になってぶん殴りたかった人たちと、そこに巻きこまれた人たちの記録。2016年9月、ツイッターを中心に起きたとうらぶ住み分け問題関連垢内ゲバ騒動について

住み分け問題概要と関わった経緯

白氏に関するリンク

白氏を巡る関連サイトなどはこちらを参照ください。

発端と経緯

刀剣乱舞の「住み分け」を称した荒らし垢・白氏

  • 2015年8月、「白」という名の荒らし垢が現れる
    • 住み分けを進めることを名目に、刀剣乱舞の小説作品、女審神者もの(カプ名では「刀さに」に該当する)を中心に作家や作品を攻撃
    • 腐向け、男審神者にはほぼ関与しなかった
    • 便乗したアンチオリキャラ、アンチノマ、アンチ夢者が「白」に賛同、多数のシンパが参加する
    • 2ちゃんでは、白のアイコンが犬であったことから、白のシンパは「子犬」と呼ばれるようになる
  • pixivでも同様の目的でタグの書き換えやコメント荒らしが行われる
  • 白はランキング入りをした女審神者ものをTwitterで晒しあげ、揚げ足取りのような感想を加えてシンパらと笑いものにした
    • 一連のツイートはTogetterにまとめられ今も閲覧可能となっている
  • エゴサや検索などで、住み分けや白のやり方に疑問を呈する垢主に噛みつき、シンパと一緒に揶揄するといった行動を繰り返した
  • 白の活動は、夏から秋にかけてピークに達し、多くの作家が作品を削除、または非公開に追い込まれ、pixivを退会した人も多数いた

同一疑惑による失墜

  • 同年11月から2ちゃんで白のツイートのスクショや発言から本垢検証が行われる
    • 浮上したのは長年2ちゃんの専スレ持ちであるA氏だった
    • A氏の刀剣乱舞での別名義ではないかと疑われていた有住氏に疑惑がかかる
    • これらの疑惑が浮上してから、白の勢いが失速する

有住氏からのメール

A氏の本垢ツイ垢)で、私の「2ちゃんねるの発信者情報開示請求について」についてツイートされる。
そこからの訪問者をうけて、当事「山崎先生のはてなハイク」でこう述べた。

某さん(A氏)のことは2ちゃんで叩かれていたのは見ていたので、名前くらいしか知らないし、書かれている内容もよく分からなかったので、私は何も意見しませんが、被害者側の人がこれらのブログを紹介する場合、なるべく気をつけてほしいとも思っています。


「落ち度がないのに不当な誤解をされ、貶めを受けて苦しんでいる人」を対象にしているからであって、匿名で誹謗中傷する奴が最悪に悪いのは前提としても、日頃の言動や行いから叩かれてやむなしの人も中にはいるからです。


<略>


ツイートボタンもあるから、おまいうなので、今さら仕方ないし、某さんを咎める気もありませんが。
某さんは某さんで、辛かったでしょうから、叩きが一刻も早くなくなるといいですねと思いますー。

数日後に、有住氏(ツイ垢)本人からメールをもらう。72さん(ツイ垢)との揉め事を見た直後だったので、メールでは返信せずに、「はてなハイク」に返事を投稿。

現在、某ジャンルで某さんと思しき人(=有住氏)が、とある書き手さん(=72さん)に絡んだことで起きた揉め事(72さんのエアリプに有住氏が絡んだ件)について意思表示をしておきます。


一連の流れは把握してますが、某さんと思しき方の主張を支持するわけにはいかないと思っております。
某さんと思しき方が「弁護士に相談」といったことを軽々しく口にしているのも、自分の訴訟経験を利用されてはたまったものではないという気持ちでいっぱいです。


某さんが今までに2ちゃんで叩かれてきたことに関しては、名無しについての怒りその他は理解しますが、今回の件に関しては申し訳ないが同情の余地はなく、むしろ巻き込まれた書き手さん(=72さん)が不憫でたまらないと思っています。*1

これに対して、再度有住氏からメールが届く。これについても同様に「ハイク」から返事をした。

自分が直接関与してない事には、意見したり首を突っ込むのは極力しないようにしているのです。


ネットで誰もが読める形で公開した文章に関しては引用や転載は許可するまでもなく、自由にしてます。


本人的には歓迎できない引用も、公開すること前提で書いたのは自分ですから、見つけても基本スルーを決め込みます。


つまり、そのお、某さんはどうしてほしいのか?
引用をやめさせろと私から言って欲しいのでしょうか?
それはちょっとできかねるかなとしか、お答えできません。

「開示ブログ」ができあがったこともあり、その宣伝を兼ねてTogetterまとめ作成用のアカウント(ツイ垢)を取得。
はてなのハンネ「山崎先生」を名乗り、有住氏と白氏との問題について触れる。

白との論争、きなこのやまさんのまとめ

2016年、年始に白氏から多数のリプをもらう。白氏と論争になる。
私は有住氏のメールの内容を受け、「白氏が誤解を招くようなことをしたために有住氏が同一疑惑をかけられ迷惑を受けている。つまり、白氏に責任がある。別人証明をして有住氏の疑惑を晴らしてやれ」といった主旨の要求を伝えたが、さなかに何故か有住氏から「私の名前を連呼するな」とリプされる。
それを見た白氏やシンパにバカにされ、満足な回答は得られぬまま有耶無耶になる。のち3日ほど、白氏やシンパから野次を飛ばされた。


2016年1月6日、きなこのやまさん(ツイ垢)がTogetterで白氏への反論まとめ「【宣言】ピクシブにおける住み分けタグ押しつけ派の方々へ【作り直しました】 - Togetterまとめ」をあげる。
反響と共感を呼び、以降白氏はアカウントを放置。


同月、きなこのやまさんからDMをもらい、第三者であったが住み分け問題wiki作成に携わることとなる。


同年4月、白氏がアカウントを削除する。

*1:これは当時の心境であり、今は72さんには同情どころか怒りしかありません。Aさんとは死ぬまで殴りあっていればいいと思います。